2015年 04月 30日
「Gallery Paw Pad」 4月の写真展2つ
2011年5月~、東日本大震災の動物保護ボランティアに関わってきた板倉オーナーが、
震災の記憶が「忘れ去られる」事の無いようにと、小さな店舗を改装してオープンした
「あーとすぺーす Gallery Paw Pad 」。

[肉球画廊]の愛称で親しまれているGallery Paw Pad。

「ここに来れば、何かやってる」
「ここに来れば、何かがあるかもしれない」
「楽しい。気持ちいい。」

アート展示のみならず、猫の譲渡会なども行うGallery Paw Pad。
ウルトラマン商店街の先にある、静かで心地よい空間。

あなたも「何か」発表してみませんか?

Gallery Paw Pad
東京都世田谷区砧5-23-8

c0194541_13331437.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------

そんなGallery Paw Padさんでの4月の写真展を2つご紹介させて頂きます。

「Gallery Paw Pad」展示情報

----------------------------------------------------------------------------------------------



多摩川に生きる猫二人展~いのちの時間(とき)2~ 写真・小西修、墨詩・かとうしこう

c0194541_13232549.jpg


4月15日(水)~20日(月) 14:00~19:00(最終日は17:00まで)

小西修の動物ドキュメンタリーBLOG



----------------------------------------------------------------------------------------------


「ちゅら猫」沖縄猫景色 Produced by東京ねこなかま

c0194541_1353068.jpg


4月24日(金)~30日(木) 12:00~18:00(金曜は14:00から、最終日は16:00まで)

東京ねこなかま

※会期中、猫雑貨の販売もあります。

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by tokyonekogatari | 2015-04-30 16:00 | 猫の写真展 ご紹介


<< にゃんこはうす写真展in東京      「境内に棲む」 キムラ アキコ... >>