2015年 11月 23日
横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 (出展者情報)
c0194541_11391880.jpg


c0194541_11393945.jpg


※本企画のご紹介用途に限り、フライヤー画像はご自由にお使い頂けます。「右クリック→名前を付けて画像を保存」でダウンロードしてご使用下さい※


横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展~今を生きる猫たちのキロク・キオク~

■公式HP:http://akarengasoko-catphoto.yokohama/

■公式FB:https://www.facebook.com/akarengasokocatphoto


■会期:2015年11月17日(火曜日)~23日(月曜日 祝日)

    10:00~20:00 (23日~18:00迄)※入場受付は終了の30分前迄※

■会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階全イベントスペース(A・B・C・エレベーターホール)
http://www.yokohama-akarenga.jp/


■入場料:500円(小学生以下無料) 当日に限り再入場可

歴史的建造物である横浜赤レンガ倉庫1号館2階にある広大な展示スペース全てを1週間貸切り、
猫をモチーフとした4つの特別企画写真展を行います。
出展者数44組70人、総作品点数約1000点。
写真家の数だけ猫の個性が見えてくる、質・量共に史上最大規模の企画写真展です。

◆出展者情報

※敬称略、お名前は50音順※


石原さくら
猫写真家で愛玩動物飼養管理士。出展作品は、ゴミ箱から拾われて、今ではTVレギュラー出演、とまさにシンデレラストーリーの「にゃーにゃ」の日常。 
※11/21 13:00~ギャラリートークを開催します※
                                     
池口正和
2008年、東京の猫を撮りたくて北九州から上京。以来、「東京の今を生きる野良猫と人との物語」をテーマに東京在住猫に拘り撮影。

伊藤匠
主催者推薦作家で今回が初写真展。人知れず水辺に暮らす猫にテーマを絞り、現在はロケ地を埼玉県の荒川河川敷に絞り撮影中。

岩崎愛子
日常スナップを撮るうちに、猫と自分を重ねて撮っている事が多いと気づき猫を撮るようになったという作品には独特の距離感がある。

大塚義孝
「駅守猫~工場街の無人駅で~」。工場街の無人駅にすみついた猫たちの日常を捉えた作品。毎日の駅の営みに織り込まれた猫たちの姿。

大和田良
2011年日本写真協会賞新人賞を受賞、他国内外で多数受賞歴のある注目の写真家が3枚組で表現する「猫」という存在。

岡本有司
モノクロームで、栄枯盛衰の残影が残る街の雑景を写し留めた作品。路地風景の中に存在する「猫」として捉えることを信条とする。

奥村準郎
「南の島の市場猫」。あえて「青い海と猫」では無く、再開発で消えかける沖縄の市場に棲む猫と人との淡き交わりの記録に拘る意欲作。

omu
海外、国内で撮り歩いた猫探しの旅写真と、昨年虹の橋を渡った愛猫「しめじ」との濃厚で愉快な日々の作品。

金森玲奈
「街猫の肖像」は、自身約7年ぶりとなる猫写真の展示。モノクロフィルムで捉えた記憶を今、ファインアート紙で鮮やかに再現します。
※11/23 11:00~ギャラリートークを開催します※

河井蓬
「お寺・神社に暮らす猫たち」。人々の暮らしのすぐそばにいる猫の姿を優しいまなざしで捉えた作品。写真展多数開催の注目作家。

きょーこ♪&のぼー
「peaceful time」。厳しい現実の中で暮らすソトネコたちの穏やかな時間のひとこま。

蔵人
消えゆく名古屋の路地散策で、街の一部のように現れる猫たちのスナップショット。モノクロフィルムで捉えた街猫の記憶。

古賀みほ
「わたしの町のねこたち」。今までは話しかけるだけだった猫たちを、買ったばかりのカメラで記憶するように撮った作品。

小澤太一
書籍執筆や写真講師などで多忙を極める中、世界中を旅するプロ写真家が捉えた、世界7か国の「ねこたちのせかい」。

さとうゆみ
土手に暮らす「そとねこ」たち。人に媚びず、厳しい環境の中で生きている猫たちの心の声を感じ取れたら、と思い撮影した作品。

ショージ
「生(せい)と命(めい)」第二章。ちょっとディープでダークな、横浜の路地と猫と小さな物語。

たまちち猫まっしぐら(Masayuki Kurihara)
『島猫(空と海と猫)』。猫は単なる被写体ではなく、私にとっては生きる上で必要な水や空気のようなもの。主催者推薦作家で今回が初写真展。

土屋修一
「野良猫は眠らない」。街に暮らす野良たちを、街の一部として、あるいは自分の一部として捉え、ありのままの野良たちを追った作品。

鶴巻育子
「猫に出会うと、ついカメラを向けてしまう」という、世界中を旅する女流写真家鶴巻さんが捉えた「香港の猫」の素顔。
※11/23 13:00~ギャラリートークを開催します※

東京猫色
東京の今を生きる野良猫たちを追った5人の写真家たちが「東京」という雑多な街で人の暮らしのすぐ隣にいる猫の姿を捉えた作品。

中川こうじ
10年以上紛争地帯でカメラマンとして活動。公園で捨て猫に出会ったのをきっかけに野良猫の写真を撮るようになった異色の写真家。

Nyadar
結成7年目、ギャラリーNADARの公式サークルとして活動中の7名が捉えた、野良猫、家猫など、身近にいる猫たち。

「猫のチカラ」
キャトグラファー板東寛司さんの受講生OB有志12名が、私たち人の心に住む様々な猫たちのキロク・キオクを表現。

猫びと
”猫びと”チーム名で電子書籍や写真展などで活動中。'ネコ好きが作る’ 猫好きのための ねこの写真。

ねこゆひ
街や里に住む猫たちの姿を撮る女性たちが集まってできた猫写真のブロググループから2名が出展。女性ならではの視点で捉えた「猫という存在」。

野良猫ニャン吉
旅するアイドル猫「ニャン吉」と、「イルフォード」製高級ファインアート紙の意外な組み合わせによる新たな表現。
※11/21 11:00~ 専属カメラマン飯法師さんへの質問会を開催します※

はまっこ写真クラブ 猫部
2010年の発足以来、8回の写真展を開催。20名以上の部員の中から猫好き3名が出展。

ばんひろみ
なにわのアイドル、ぶさかわ猫「平太」との出会いと、飼い猫として看取るまでの日々の暮らしの記録。おかしくもセツナイ物語。

Ichiro Hiura
生存の厳しさというよりは、彼等から発せられる憂いや寛ぎを写真に収めたいと言う気持ちでレンズを向けた作品。

ヒトは猫のペットである
愛猫、Rouxの日常を撮った「猫がいる空間」。デザイナーならではの色彩感覚とバランス感覚で捉えたアート作品。

平林佳代子
「しまねこの記憶」。ひそやかながらもたくましく生活する島ねこたちの記録。

深川 裕子
「街の中に人のそばに」。東京の街中に生きる猫たちと、彼らと関わる「人」、「人」が造った「街」との関わりをさまざまな距離感で撮影。
※11/21 15:00~Gallery PawPad主催板倉さんとギャラリートークを開催します※


藤田一咲
広告から出版物の撮影まで行うジャンルレス・フォトグラファー。肩の力を抜いて撮影することを提唱する「脱力写真家」が捉えた猫。
※11/21 14:00~ギャラリートークを開催します※

Berry母
「私を早起きにした街ネコたち」。同居人が外猫撮影を始め、同行するようになり、自身も外猫撮影を楽しむようになった。

星野俊光
「東京湾岸のねこたち」にテーマを絞り撮影して10年。過去4回のメーカーギャラリーでの個展で発表した全作品約210点を一堂に展示。

ぽんch.
いつもカメラを持ち歩き、猫の気配を探し、『Spiral-733』という特殊レンズを使用して撮影した作品。

前川 貴行
「江の島ネコ宇宙」。TV「情熱大陸」出演、全世界をフィールドに撮影を敢行している動物写真が身近な「猫」という動物を捉えた作品。

松原千栄里
「いつもの町、見知らぬ町で出会った猫たちの姿」。楽しみながらうち猫、外猫を撮り続けてきた作品。

松本伸夫
「野良猫たちの朝」。単焦点レンズを1本だけ持ち出し、撮影時間帯は99%が早朝というスタイルで捉えた作品。

やすえひでのり
年々その姿を見かけなくなっている、都内の繁華街、その周辺で出会った猫たちの作品。

山田愼二
大学生の時に保護した猫をこっそり飼ったり、写真事務所に居着いた猫を可愛がったり。肖像撮影を得意とするプロ写真家が捉えた猫の肖像。

ヨコミゾ マサヒサ
横浜中華街に棲む野良猫たち。人気の少ない夜明けの横浜中華街に、景色の中の被写体の一つとしての野良猫に拘った作品。

若子jet
エネルギー溢れる色彩と、絵画のような世界観で人気を博す若子jetさんが、本展用に制作した『猫をテーマにした作品』。
※11/21 17:00~ギャラリートークを開催します※

※敬称略、お名前は50音順※


#横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展
[PR]

by tokyonekogatari | 2015-11-23 20:00 | 猫の写真展 ご紹介


<< 横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ...      横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ... >>