<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 26日
知らせなければ、誰も知らない。
会場を借りて、写真を並べる。 それだけでは「写真展」ではない。

素晴らしい写真をステキに飾っても、 待てど暮らせど ガランとした空気だけ。

銀座の2大ギャラリーでさえ、宣伝を怠った写真展会場は快適な無料休憩所に過ぎない。

驕ってはいけない。 宣伝しなければ、誰も知らない。

高ぶってはいけない。 知らなければ、知らないんだから。

ナリフリ構わず宣伝する。 使える伝は、使い倒す。

やがて燻っていた噂がWEB上で一人歩きを始め クチコミが話をどんどん大きくして行く。

自分達の実力を超えた過大な前評判に、最初に噂を流した自分達が押しつぶされそうになる。

「大丈夫だろうか?」
「間に合うんだろうか?」

追い詰められ、苦悩して、考えて、団結して、そして写真家達は成長して行く。

嘘から出た真のように やがて写真家達は成長して行く。

写真という行為はかっこ悪い。 それでも僕らは、写真がスキだ。

c0194541_1415831.jpg

「雨上がる」
[PR]

by tokyonekogatari | 2009-02-26 14:39
2009年 02月 14日
成せばなる
成せばなる 成さねばならぬ 何事も 

成らぬは人の 為さぬなりけり


「やればできる」といってやらないのは、逃げてる事に他ならないんじゃないか。

他人を否定する事でしか自分の存在を肯定出来ない者は、知らず知らず自分を否定しているんじゃないか。

失敗を恐れずチャレンジする者のみが、挫折の果てにやがて輝くんじゃないか。

・・・・・・

そう思いながらも、僕自身、最近少し逃げていた。

やらない理由ばかり探していた。

・・・・・・

今日、陰ながら応援していた友人から嬉しい知らせがあった。

「ありがとう」

自然にそう言えた自分に驚いた。

「ありがとう」が「ありがとう」を生み、そして「ありがとう」になる。

他人を応援する事は、自分を応援する事でもあるんだ。

もう少しだけ、前に進んでみようと思った。

「ありがとう!」
[PR]

by tokyonekogatari | 2009-02-14 01:15 | Hoshinoのつぶやき
2009年 02月 02日
猫写真「3人展」が2つ同時に観られる!
「知らなければ知らない」

写真展開催において、告知はとても重要です。

分母(参加者)が大きければ、分子(来場者)も必然的に多くなります。
分母に比例して友人の数も増え、その枝葉からドンドンとクチコミで広がる。
やがて話題になって、インターネットメディアなどで取り上げられて益々広がる。
その規模が大きくなれば、紙媒体の写真展案内欄に掲載してもらえる確率もグッと上がるんです。

告知しただけではダメです。
それを知って、そして足を運んでもらう為には、「動機と理由」が必要です。。

仕事を休んでまでも、新幹線に乗ってまでも、渋谷ルデコに行かざるをえない動機が必要です。
忙しいし、、、、とか迷っていても、それに見合う質・量があれば自分を納得させる理由になります。
自分達の写真だけじゃなく、もっと多様な「猫の写真」が一度に同じ場所で見られたら良いんじゃないか?

『ル・デコを猫の写真で埋め尽くしましょう!』

1月15日の記事でこう呼びかけたら、メンバーの2人からとひどく叱られました。

「Hoshinoさんは東京猫語り展に専念して下さい!!!」

もちろん僕が準備の手を抜く筈がありません。
何より今回の一番の趣旨は「MARとH2の写真を東京で初披露する」事です。
今回の僕の役割は、より広くそして多くの方々に会場に足を運んでもらう為の「動機と理由」を考える事だと思っています。

そう言うとまた「Hoshinoさんが滑ったらダメなんだから、こっちに集中して下さい!!!」
とか言われちゃうんですが、だけど僕的にはもう昨年12月からずっと「写真展モード全開」であって、既に気持ちは準備OKなんです。
(実際は何も出来ていませんが、、、)

『ル・デコを猫の写真で埋め尽くしましょう!』

それは単なる妄想や思い付きじゃなかった。

直ぐに反応してくれたのは愛知県在住の蔵人さんだった。

中々その後が続かず、企画は消えるかに思われた。
やはり誰もが躊躇した事だろう。

お金も労力も掛かる。 お互いの写真を直接比較される。 一緒にやるメリットはあるのか?

それでも決断してくれたのはきっと 「自分の居場所を確かめたい」 からだろう。

「猫の写真」を撮っていると、時々自分の立ち位置(居地)が不安になる。
極めれば極めるほどに孤独になる。

写真を趣味とする者の多くは、「身内で身びいき」 な世界に溺れる。
外に出なければ傷付く事も無く、外を観なければ凹む事も無いから。

それでも彼は賛同者を探し、そうして僕ら「三人展」に対抗して「三人展」をぶつけて来た。
3人とも迷った末の決断だとお聞きしました。

嬉しいじゃないか。

そして、ありがとう。


写真展 「猫旅 猫棲む街へ」

5月12(火)~17日(日) ルデコ3階


「猫ろじっく」 蔵人さん 「猫にまたタビ」 原田さん 「ねこきこう」 早川さん、の三人展です。

愛知県在住の3人で、御三方とも「旅先で出会うことの出来た猫」がテーマの猫写真です。

東京在住の3人が描く「東京の猫」と、愛知県在住の3人が描く「日本各地の、そして世界各地の猫」。

「純粋に猫が好き」な人にも、「アートな猫写真が見たい」人にも満足していただけると思います。
猫写真「3人展」が2つ同じビルで同時開催だからこそのメリットじゃないでしょうか。

ますます楽しくなってきたぞ!
[PR]

by tokyonekogatari | 2009-02-02 15:49