<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 03月 20日
そして、ポストカードも販売します。
c0194541_13543532.jpg


2008年2月下旬に、iTunes Music Store Japanの今週のシングルに「中央線」が選ばれ、知る人ぞ知るバンドソライロネオンさんの待望の6曲入りミニアルバム『遠近法』の発売が決まりました。4月15日、全国のタワーレコードにて発売されます。
音楽と写真のコラボ企画として、ソライロネオンさんの歌詞と、私(Hoshino)の猫写真とが歌詞カード(ブック)上でコラボします。

写真展会場では、今回採用された写真の一部をポストカードにして販売します。
当日CDの販売も予定しています。【16日(土)17日(日)の二日のみの予定、変更の場合あり】

写真展会場に足を運ぶ楽しみの一つに「グッズ販売」があると思います。

今回は、メンバー3人それぞれが、オリジナルポストカードを製作して販売します。

もちろんハイクオリティーな展示作品も販売いたします。

お楽しみに!

(僕らは、販売に関しては素人なので、ポスカをお求めの際、1000円札や500円硬貨など小銭を御用意の上ご来場頂けましたら幸いです。)
[PR]

by tokyonekogatari | 2009-03-20 14:06
2009年 03月 11日
GWは関西の猫写真が熱い!
 猫の写真と陶芸展 『猫だまりvol.7』 

c0194541_22591879.jpg


はっちゃんでおなじみの写真家八二一(はにはじめ)氏が講師を務められます写真講座【猫を撮る】のメンバーが中心になって、猫の持つさまざまな表情を捉えた写真と陶芸のコラボレーション作品展が開催されます。

場所は大阪の都心梅田から程近い『中崎町』にあるギャラリー・ピチクリ
会期は2009年5月1日〜5月5日です。


大好評につき7回目のの開催となった『猫だまりvol.7』
写真コンテストで入選したメンバーも多く、つわもの揃いです。
癒しやかわいいだけにとどまらない、風景と一体化したような洗練された猫写真や、ここでしか手に入らないオリジナル猫グッスが並びます。

思わず笑顔になるような個性溢れる猫たちの写真&陶芸をぜひご満喫ください。

詳細は、猫だまりブログをご覧下さい。


同時期に神戸で【猫を撮る】メンバーの猫写真展がもう一つあります。「TPEAC2009」
場所は、神戸アートビレッジセンター
会期は2009年05月1日~6日
こちらは、『平太』でおなじみばんひろみさんサイトーシンさんと組んでの2人個展になります。

GWは関西の猫写真が熱い!

・・・

それだけじゃないんです。

その週末から、大阪10W galleryの恒例行事の猫好きフェスティバル『猫踏んじゃったなギャラリー』です。
7回目を迎えた今年は何と4つのギャラリーで同時期に開催されます。
10W gallery:5月9日〜22日、その他3会場は、『猫踏んじゃったなギャラリーたち 』をご覧下さい。

・・・

5月12日~17日は東京は渋谷でも本格写真ギャラリーの3フロアーを使った「東京 猫語り」「猫旅」展もあります。
よ~くスケジュールを練って、5月の東西での2大イベントをお楽しみ下さい!
 


あっ、そうそう、高速道路料金1000円を活用して仲間とワイワイ行くのも楽しいかも。レンタカー特需が予想されますから、ご予約はお早めにネ。

実は我々がこの時期に「猫語り」展の開催を決めた理由の一つに、
毎年この時期に開催される『猫踏んじゃったなギャラリー』と会期を合わせる狙いもありました。

この時期にいつも「猫祭り」がある事を知っているのでスケジュールを空けてる人が多い。
東京からも多くの人が関西に足を運ぶって事は、逆もあるんじゃないか。
「作品を見るモード」になってる時期にこそ、人はわざわざ動くんじゃないかって。

いつかは「東西共催」なんて良いんじゃないかな。
(あっ、またメンバーに叱られるかな、、、)

あぁ~頑張らなきゃ、、、
[PR]

by tokyonekogatari | 2009-03-11 22:49 | 猫の写真展 ご紹介
2009年 03月 10日
おめでとう!
「写真を撮る」という行為には、展望が必要だ。

目標無くただ撮っていても、「ただ画像が増えていく」だけだと思う。

それはそれで もちろん写真。

写真を撮る行為そのものが楽しいのだから、それはそれで良いんじゃないかな。

でも、「記録写真」と「記憶写真」は似て非なる写真だ。

そこに想い到った写真家は、必ず壁に突き当たる。

『自分らしい写真って何だろう?』

『自分の写真って、本当に人様に見て頂く価値があるのだろうか?』

・・・

唯一、客観的に、しかもタダで「自分の位置」を確認できる方法がある。

「公募の審査」

写真は競争じゃない。

だけど、ごく一握りの人にしか与えられないポジションをめぐる熾烈で、そして、相手が見えない孤独な戦いが「公募の審査」だ。

「猫の写真じゃ無理だよ。相手は犬猫写真じゃないんだから。」

幾多の落ちた人たちは、きっとそう信じたかったはずだ。

・・・

今回ルデコで共催する名古屋3人組の一人「猫ろじっく」の蔵人さんが10月に「ニコンサロン bis」で写真展を開催する。

彼は自分のポジションにいつも不安を感じながら、それでも現実を見ようとした。

「公募ギャラリーでの個展」を視野に捉えた時から、彼のストーリーは始まったんだと思う。

謙虚な彼は、もの静かな野心家だ。

3階の3人展に「ニコンbis作家」のお墨付きが奢られた。

5階の僕らも、、、頑張らねば!
[PR]

by tokyonekogatari | 2009-03-10 22:44 | Hoshinoのつぶやき