2009年 01月 29日
先ずは写真展の案内状(ポストカード)製作から。
写真展準備で最初に着手する作業が、「写真展案内ポストカード」の製作です。

ポストカード製作は、「通販印刷」で作成する事にしました。

高級印刷用紙のミラーケント紙(220Kg)を選択して、高精細(240線)両面フルカラー印刷で作っても、1000枚刷って1万円です。 一枚10円ですよ! 
浮いた数万円を展示物の充実に充てられるだけでも、それだけでも自分達で苦悩する価値は十分にあります。

お金さえ払えば、デザイン作業から入稿・印刷までをデザイン会社やデジタルコンビニが代行してくれます。
その金額は決して安くは無いけど、それでも仕上がりは間違いなく「それなりに」良いです。
僕らはそれぞれ仕事も忙しいし、余暇は「撮影」や「家庭サービス」に当てるべきだろうから、
業者に丸投げするのも、もそれはそれで懸命な選択だとも考えました。

2007年3月~9月、私(Hoshino)は全国6都市のキヤノンサロンで個展を開催させてもらいました。
厳しい審査さえパスすれば、後はかなりの部分をキヤノンさんがサポートしてくれます。
ポストカードは、無料で8000枚印刷して自宅まで送ってくれました。
写真展オープニングの前日に、業者によって展示作品は銀座まで運ばれ、
業者によってたった1時間で飾り付けられました。
地方会場での展示に掛かる作業(展示・輸送)も全て無料で代行してくれました。
最後に沖縄の病院に全作品を寄贈したんですが、その発送費も負担してくれました。

私は結局作品の製作費を負担しただけです。
審査に受かって、キヤノンさんから2通の封書が来て、数回のメールでのやりとりを経て、
そして全てが「業者」によって進行した個展でした。

夢の様な半年にわたる巡回写真展を終えて、
そしてそれが「夢の様な」感じだったのは、『自分で何もやって無い』からだと気付きました。

面倒くさいけど、大変だけど、稚拙かもしれないけど、
このグループ展を経て、試行錯誤して、少しでも僕らは成長したい。
知らない事ばかりだし、時間もお金も沢山かかる。
でも、今まで知らなかった事にチャレンジするって楽しいし、何より自分達でやり遂げたという達成感を味わいたい。
打ち上げパーティーの美酒に酔うには、やっぱり3人で汗をかかなきゃいけないと思う。

だから、ポストカードのデザインから入稿まで、自分達でやらなければならないと思ったんです。
メンバー誰もが印刷の事なんか何も知らなくて、イラストレーターだってそんなに詳しいわけじゃ無い。

でも、そんなの「今までやった事が無いから知らない」だけなんです。
特殊な事ですから、「知らなくて当然」なのです。

「知らないから」は逃げだと思います。
「知らない」を「知りたい」に切り替えるだけで、「知らない苦痛」は「知る楽しみ」に変わるんじゃないかな。

通常グループ展だとそれぞれの写真を並べたポストカードにしますけど、僕らはあえて写真を1枚にしました。
大きな写真1枚の方が、「猫の写真展」である事をより伝えられると考えたからです。

写真の作者はH2です。これは、H2の写真展デビューへの僕らからのエールでもあります。

一見するとカワイイ普通の子猫写真ですが、その足元は廃墟のようなコンクリートと石。
希望に満ちた子猫の視線と、およそ不釣合いなゴツゴツしたその居場所。

イイじゃないか!
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-29 18:18
2009年 01月 19日
プリントをどう展示するか。
ル・デコの5階はオーソドックスな写真ギャラリー。

僕個人的には、写真なんて「絵画」じゃ無いんだから、出来るだけ『偉そうな額』での展示はしたくないと思ってます。
見て欲しいのは、「写真」ですからね。

思い切って壁にプリントを直張りする展示にしたいんですが、実はこれが一番難しいんです。

部屋を暗くして、魅せるライティングも熟慮し、しかも紙のうねりや反り対策をした上で尚、紙の厚みを感じさせない貼り方をしないとみすぼらしい展示になってしまうんです。
それ以前に、相当なレベルの作品じゃ無いと、ただの『安上がり展示』にしか見えないのです。
残念ながら、今の僕らのレベルじゃ未だ無理ですから、今回は「直張り」は止めときます。

そうなると、、、

第一候補はDNPフォトルシオ社製の「画廊」っていう、アルミ製のフレーム額です。
一番無難な展示方法です。実際「画廊」か、画廊と同じパーツで組んだオリジナルの額での展示が、あるレベル以上の写真展では大半です。
但し、市販されてる既製品の「画廊」は『偉そうな額』です。マットの紙の面積が広く、確かに写真は栄えますが、額が主張し過ぎです。
もし僕らが「画廊」で行くなら、写真の面積を広く、マットの面積を狭くした特注仕様で作って使おうと思っています。
一度自分の好きなサイズで組んじゃえば、あとは何年も使い回し出来ますから、高価な額ですが長い目で見たら「割安」ですしね。
気が早いけど、間違いなく「第二回3人展」もあるしね。

第二候補は、アルポリックという素材(主に建材に使われる薄いプラスチック板を薄いアルミ板でサンドイッチした新素材)に写真を貼り、2cm程の下駄(台)を裏に張って壁面から浮かせて展示する方法です。
色彩鮮やかな写真では、この素材の下地(シルバー)を見せてフレームっぽく展示するとメタリックな感じで華やかで一般受けが良いんです。フジカラーの「プロフレーム+クリスタルプリント」がこのコンセプトですね。
でも、これでは僕らの地味な作品では、写真が死んでしまうんです。
だから、アルポリックが見えないように全面写真にして下地を隠し、写真だけがぽっかり壁から浮いていて、スポットライトが作る写真の影がフレームの代わりになるようにしないといけない。
アルポリックだと写真を入れ替える事が出来ないので、写真展の度に額装代(高い!)がかさむのが難点です。
うぅーん、、、迷いますね。

一方、4階は、、、

ハレパネ(スチレンボード)で決まりです。
こちらは大小さまざまな「写真≒猫」を探す楽しみを味わってもらう空間にしたいから、
そして、4階の空間自体がオーナーの設えた一つの大きな「額」みたいなものだから、納まる写真に額は似合わないと思います。
奇想天外な展示には、たった3日だけの展示には、軽いスチレンボード以外は難しい。
(設置時間的、そして金銭的にも)

あっ、見てのお楽しみって事で詳しくは書きませんが、4階は相当ビックリな空間です。


硬と軟。

特にH2のファンは絶対4階を見逃さないで欲しい。
MARはスマートに両方を使い分け、かっこよく決めるに違いない。
それに引き換え、Hoshinoの4階での展示は寛大に見て欲しいな。

それと、木曜日の深夜には5階の写真も一部差し替えて、、、

まぁ、こんな事をあれこれ悩みながら考えるのも、写真展を開催する楽しみの一つなんですよね。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-19 14:50
2009年 01月 17日
ギャラリーと本契約完了。
今日、3人揃って会場使用の本契約のために「ル・デコ」へ行ってきました。

「ル・デコ」へ最初に予約の電話を入れたのは2008年12月末でしたが、予約金と申込書の提出を持って本契約が発効します。
よって今日、写真展開催は不退転のものとなりました。

「作品の良し悪しはギャラリーが決めるんじゃなく、見に来てくれる人が決めれば良い。だから、ポートフォリオなんんか見せなくて良いよ。」

契約を交わす時、オーナーはそう言いました。

そう、写真展なんて(ごく一部の審査の厳しいギャラリーを除いて)お金さえ出せば誰にでも出来ます。別に開催自体は特別な事だとは思っていません。
猫の写真が好きだから、自分達の今のポジションを肌で感じたいから、ライブな反応が見たいから、だから皆様に見て頂きたくて開催するだけです。

好くも悪くも注目されてる分、プレッシャーも少しだけ感じます。
賛辞のお言葉に比例して、心無い批判も益々増えるでしょう。
これを境に何かが変わるわけでも、生活が楽になるわけでもありません。
それどころか、普段から我々のわがままを笑って許してくれてる家族にも、費用捻出の苦心を強いてしまいます。

それでも僕らは今、最高にワクワクしています。

「ル・デコ」の5階はオーソドックスな写真ギャラリーです。
きちんと額装して、写真を魅せるにふさわしい雰囲気の空間です。

一方、「ル・デコ」の4階はチャレンジの空間です。
その空間自体が「雑然とした東京の裏町」そのものの雰囲気です。

「普段、写真ってギャラリーのような異空間では鑑賞しないですよね。日常私達が写真を目にするシーンって、ゴチャゴチャしてるでしょう。だからこんな空間を作ってみたかったんです。」

オーナーは初めて笑顔でそう語りました。そう、このギャラリーは表現者への挑戦状なのです。
「此処を使いこなせるかい?」って。

でも、MARもH2もチャレンジャーでした。

『型にはまった展示じゃ物足りない。 面白いじゃないか!』

空間をプロデュースする展示にしなければいけない。
飾り付けも、現物合わせ的な作業になるし。
この空間に見合う写真も撮らないといけないし。

・・・・・・・・・・

課題は山積みですが、、、

それでも今、僕らは最高にワクワクしています。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-17 21:55
2009年 01月 15日
「ル・デコ」である意味。3
「OFFしましょう!」

以前からブログのコメント欄で交流があった3人だが、まさか「東京」で顔を合わせる事になるとは思ってもなかった。
MARが九州から志を抱き上京して、そして、昨年の5月17日前後のお互いのブログへの書き込みがきっかけで、
MARと私(Hoshino)が会う事になった。
3人じゃなくて、5人でもでもよかった。でも、私の呼び掛けに反応したのは、H2だけだった。
こうして、たった3人でのOFF会となった。
まるで初めから3人展をやる為に集まったかのように最初から話題は「3人展」だった。
人数を増やしてのグループ展も提案したが、「この3人じゃなきゃ意味が無い」と言い切られた。
嬉しかった。
だから漠然と、一年の節目に3人展をやりたいと思っていた。

「過去のBEST展では意味が無い。テーマに沿って撮りおろすべきじゃないか。
だから納得出来る作品が撮り貯まるまでは、3人展をやるべきではない。」

東京暮らしを始めたばかりのMARにとって、それは当然の意見だった。
写真を始めたばかりの、でも日々驚異的に上達するH2にとっても、
少しでも開催を先延ばしにした方が、確実に良い作品が展示出来るのも明白だった。
正直私が一番難しいと思っていた。
何しろ「東京湾岸のねこたち」といっても、当時ロケ地の大半が千葉と神奈川の「東京湾」だったから。

「一人15枚じゃ少な過ぎませんか?」

MARとH2の「撮影」にかける時間と情熱は半端じゃなかった。
あっという間に「猫たちの東京」を自分の映像としてまとめ上げた。
(つくづく「ライバル」じゃなく「仲間」でよかったと思う。)

ギャラリー「ル・デコ」は渋谷という場所柄、平面展以外のパフォーマンスの場としても使われる。だから、週末だけ貸スペースが空いている事もたまにあり、その場合は、日割り計算で貸してくれる。 
5月14日~17日がまさにその隙間日だった。

5階のギャラリーで6日間(5月12~17日)、4階のギャラリーで3日間(5月14~17日)。
金・土・日の週末3日間は、その広大なスペースをA3プリントで埋め尽くせばいい。

「猫だらけのル・デコ、面白いじゃないか。」

中々意見がまとまらない3人だが、刺激的なチャレンジでは直に合意する。

ギャラリー「ル・デコ」は割安だ。

*2月01日追記*
下記の呼びかけに対して、3名の方々から御賛同を頂きました。
お蔭様で、5 /11(mon)~ 5 /17(sun)、ギャラリー「ルデコ」の3階も猫写真での「3人展」が開催されます。
つまり週末14日~17日は3・4・5階が猫の写真で埋め尽くされます!


5 /11(mon)~ 5 /17(sun)、ギャラリー「ル・デコ」の1階・2階のスケジュールがまだ空いています。(2月01日現在)。 猫の写真展や催しを企画されてます方、一緒にル・デコを猫だらけにしませんか? 
相乗効果での集客も期待出来ます。 鍵コメントにてご相談頂ければ幸いです。
尚、既に予約が埋まってしまっていた場合は、悪しからずご了承下さい。


参加の意思を表明して頂いた方もいらっしゃいましたが、開催履行人数に達しないままギャラリーのスケジュールが埋まってしまいました。
参加の問い合わせをして頂いた皆様、ありがとうございました。
次の機会も必ずや作りたいと思ってますので、今から着々と作品を撮り貯めておいて下さい。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-15 14:53
2009年 01月 14日
「ル・デコ」である意味。2
コンテストや腕自慢なら1枚で勝負だ。
運か実力かは別として、現時点での最高の1枚を出せば良い。

大人数でのグループ展なら、3枚が良い。
同志と共に日頃の成果を発表する場がグループ展なら、自己紹介には3枚が良い

個展なら30枚から40枚。
写真人生の集大成、もしくは、折り返し点や節目で開催するのが個展なら、
「写真は生き方」だとしたら、自分の生きた証を表現するには30枚は欲しい。

1枚でも3枚でも30枚でも無い、少人数のグループ展は微妙だ。
とっておきの1枚も見て欲しいし、自己紹介もしたいし、テーマも完結させなければいけない。
眠れぬ夜を幾つ重ねても、15枚以下に絞るのは難しいだろう。

僕らのプリントは、A-3で見て欲しい。
街の湿感、温度、風、音、ニオイ、、、タバコの吸殻から壁のシミの一つまでが重要だから、
些細な出来事や変化を感じてもらうのには、大きなファインプリントが良い。

写真ギャラリーは今、減少の一途を辿っている。
かつては一流商社が本社の一角を無料で広く開放したギャラリーもあった。
S●nyやP●nasonicのように、一眼レフを売りながら常設ギャラリーを持たないメーカーまで現れた。
「写真展開催」に対する憧れや夢も、やがて過去の価値観になって行くんだろうな。

東京で、ある程度の面積のある写真ギャラリーを探すのは難しい。

少しハードルを下げて、区営の文化センターなどで先着順や抽選で会場を押さえてもいいんだけど、
地方のいつも何もやってないデパートの催事場を無料で借りてもいいんだろうけど、
そういう場所だからこそ、広く皆様に見て頂けるんだと、、、、頭ではわかってるんだけど、
そう割り切って下見に行っては、やっぱり手ぶらで帰ってきてしまう。

3人でA-3プリント各15枚、計45枚を並べるには、展示壁面の総延長が30メートルは必要だし。
写真展会場のフロアーには「写真展を見に来た」人だけがいるのが良い。
僕らの「静かな写真」は、ざわついた場所ではその半分しか想いが伝わらないから。
関東全域はおろか、新幹線で駆けつけてくれる人達の事も考えると、
地域は銀座、青山、新宿、渋谷界隈が良い。

「ル・デコ」。

漂流し果てて、この孤島に辿りついた。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-14 14:49