2009年 01月 10日
「ル・デコ」である意味。その1
渋谷の街にありながら、此処だけぽっかり昭和の良き時代。
そんなギャラリー「ル・デコ」のエレベータはシンドラー社製。
レトロな⑤のボタンを押せば、ぎこちない動きで異空間へと誘う。
あるいは階段もステキだ。6フロアー全てがギャラリーになっているこの古いビルの階段は、
まさしく部活をサボる写真部員がたむろするに相応しい景色だ。

5階までやっとの思いでたどり着いた皆様を待っているのは、真っ黒に塗られた部屋だ。
黒い背景は、私達の実力よりも5割増しに写真を魅せるだろう。

だからと言って背景が黒ければ好い訳ではない。

例えばキヤノンギャラリー銀座。
入り口の自動ドアが開いた瞬間、天井まで真っ黒なその部屋の全容が見渡せる。
その威圧感は、写真展の内容によっては観る者を立ち竦ませ、そして拒むだろう。

私達の写真がずらっと並んだ面圧は、ずっしりと重い。
真っ黒な薄暗い壁に並べれば、なお重く感じるだろう。

でも、ギャラリー「ル・デコ」は複雑な壁面や柱に邪魔されて全容を見渡す事ができない。
だから、複雑な壁に沿って一枚一枚観て行くしかない。
途中で「重く」感じたら、柱の陰に隠れれば良い。
あるいは階段に出てサボれば良い。

昭和の趣のビルには、隠れる場所がたくさんある。
だから、サボりながら自分のペースで写真と語り合えるはずだ。
だから、何時間でも居たくなる空間なんだと思う。

僕らが愛するTOKYOみたいに、ギャラリー「ル・デコ」は見渡せない。
僕らが愛する「猫たちの東京」に、お似合いな空間だと思う。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-10 01:00
2009年 01月 09日
CAT THEATER 上野昌子写真展 (終了しました)
c0194541_0185834.jpg


「写真は、記録というより記憶に近いもの。
移ろいゆく瞬間から、永続するもうひとつの時間をつくり出すこと。」

「CAT THEATER」を端的に表現した上野昌子さんのコメントです。
上野さんは、毎年同じギャラリーで、同じ時期に写真展を開催されてます。
そして、一貫して銀塩モノクロ写真での猫写真に拘っています。
(モノクロでも「銀塩」とあえて言わなければならない時代になってしまいました、、、)
モノクロフィルムからモノクロペーパーに焼き付けられた、かつては当たり前だった「銀粒子が生み出す黒」は、インクの黒に馴れたデジタルな目にはかえって先進的にすら感じることでしょう。

「CAT THEATER」には、とても不思議な写真がちりばめられてます。だまされないで下さいね。(良い意味ですよ!)

昨年までのシリーズ(劇場)では、フィルムでの撮影なのに引き伸ばしの段階で合成された写真がごく自然に混ぜてありました。Photoshopでの合成は、「自然に見せる為にごまかす」からますます不自然になるんですが、フィルムでの合成は、不自然なのが返って自然なんですよ。その辺りが人間の目の厄介な所でもあり、凄いところでもあります。美術学部卒の上野さんにとっては、ごく自然な写真表現のひとつなんでしょね。

そして、今回の劇場の幕が開いてビックリ!
今回は、全ての作品が縁あって同居する事になった推定14歳の愛猫写真。
しかも、全てが自宅での撮影なんです。

「自宅で?」

作品を見た者は、大抵そう思うでしょう。
それもそのはずです。
今回は、プリント時の合成じゃなくて、もっと古典的な手法を用いて撮影されてます。
ご自身も、こうして作品群にしてみるまでは、不安だったそうです。
なにせ、毎年このシリーズを楽しみにしているファンも沢山いる訳で、
今回はガラッと手法を変えて良い意味で裏切ってくれた訳で、でも、それが本当に成功だったのかは、幕が開いてみないと判らなかったわけですから。

どういう秘密があるかは、これからご覧になられる方々の為に此処では触れません。
会場で上野ワールドに触れて下さい。

上野さんはアナログ写真家らしく、パソコンは好きじゃないそうです。なので、HPやブログへのリンクは有りません。おまけにギャラリーJyさんもHPが無いのです!あっぱれ!

なので場所はこちらで御確認下さい。


「CAT THEATER」上野昌子写真展

会場: ギャラリーJy 東京都港区北青山2-12-23 Uビル1F (青山ベルコモンズ裏)
会期: 2009年1月13日~2月1日 (12:00~19:00、月曜休館、最終日は17:00まで)終了
*1/15写真展を拝見して一部加筆しました。*

[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-09 01:12 | 猫の写真展 ご紹介
2009年 01月 08日
猫の写真展を告知宣伝しましょう!
どんなに素晴らしい写真展を開催しても、それを「観たい!」と思ってる人に伝えなければもったいないと思います。そして、僕たちも、沢山の「猫の写真」に出会いたいと思っています。

主に関東地方で開催の猫写真展を、こちらでご紹介させて頂きたいと思います。
【他の地域もOKですが、関西方面の案内はひびいろいろ-大阪下町風味の猫写真-の情報が充実しています。尚、「ひびいろいろ-大阪下町風味の猫写真-」さんでは自薦の宣伝・告知は行っておりません。ごとーさんの目に留まった情報のみが紹介されております。】

「猫写真展」に関する情報をお持ちの方、自薦他薦を問いませんので下記アドレス宛てに「写真展詳細、リンク先、御連絡先(メール等)」を御記載の上、お知らせ下さい。

hoshinowanganneko3●yahoo。co。jp

(● は@ に 。 は . に変えて下さい)

規模の大小は問いませんが、「猫の写真展」もしくは、「猫写真の展示が主な展示会」に限らせて頂きます。
尚、極力ご要望には応じさせて頂きますが、掲載の可否に関しましては、全てこちらで判断させて頂きますのでご了承下さい。又、当事者及び第三者に対し、著しく不利益をもたらすと判断した場合は、予告無く掲載記事を削除させていただきますのでご了承下さい。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-08 15:00 | 猫の写真展 ご紹介
2009年 01月 07日
「東京 猫語り」 写真展開催決定! (1/17現在の情報)
企画書

写真展タイトル: 「東京 猫語り」~誰も知らない 猫たちの東京~

開催場所:     渋谷 ギャラリー ルデコ 5階及び4階 

会期:      メイン会場(5階) 2009年5月12日(火)~17日(日) の6日間
           サブ会場(4階) 2009年5月15日(金)~17日(日) の3日間
              【つまり5月15日(金)~17日(日)の3日間は2フロアーでの展示です】

出展者:     「東京 猫語り」メンバー3人(Hoshino, MAR, H2)

作品数:     5階: A3銀塩プリントメンバー各15点、  計45点(予定)
           4階: 超特大からキャビネサイズ程度まで大小あわせて60枚程度(予定)
              【つまり、週末の3日間は、総展示枚数100枚以上になります】

その他:     メンバーが各自製作したオリジナルポストカードを販売します。(予定)

(内容は都合により変更になる場合もあります。)
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-07 13:00
2009年 01月 07日
ご挨拶
2008年6月、殆ど奇跡のように僕たち3人は出会いました。

お互いに、それぞれのブログのコメントでの親交はあったのですが、、、、
お互い他にも沢山のネット友達がいた訳で、、、、
この3人だけで顔を会わせる事になったのは、本当に猫の神様のいたずらとしか思えません。

何度か会ううちに、僕たち3人にはいくつもの共通点がある事に気付きました。
地方出身であり、家族構成が同じであり、頑固で、生意気で、、、
そして「猫の写真を作品に昇華させたい」という熱い思いを持っている事でした。

そんな僕らでしたから、2回目の月例ミーティング(と言う名の呑み会)で「3人で猫写真展をやりましょう!」という流れに至ったのは、至極当然の事でした。

その為の先行準備として先ず「東京 猫語り」を立ち上げたのが昨年の7月です。ブログの目的は、3人の不退転の決意表明としての公開交換日記です。ブログ更新を通して、「猫、東京」という2つの単語だけを頼りに、お互い手探りで試行錯誤するのが狙いでした。
それは、写真展で一番重要な「テーマ」を導き出すまでは、写真展をやってもただの「内覧会」になってしまうと考えたからです。

想いを言葉にして、そしてその言葉から新たな想いが生まれ、やがてそれは映像に昇華し、そして新たな物語を紡ぐ。

「誰も知らない 猫たちの東京」

たった12文字をしたためるだけで、写真展への流れは現実のものとなりました。
僕らの表面しか見てない人達には、少し誤解されやすい表現なので補足しておきます。

「変わった写真」、「インパクトのある写真」、「トリッキーな写真」、「テクニカルな写真」、
という意味では決してありません。

究極を目指して、あるメンバーは週5日、朝から夜まで撮影に出ています。写真なんて沢山撮らなきゃ昇華しない芸術ですから、確率的に「スゲー」写真が撮れても当然ですよね。だから表面的に見て「見たことも無い」写真が沢山撮れます。でも、それが狙いでは決してありません。

例えば、繁華街。夜は酔っ払いの憂さや悪酔いの代償があふれ、始発が動き出すと街は死んだように眠りにつく。その時間帯の街は汚く、そして怪しく、決してフォトジェニックではないですよね。でも、そこにも悲喜交々の人間模様に寄り添うように、虐げられながらも逞しく野良猫達は暮らしています。
そんな猫たちの暮らす東京を見た事がありますか?

例えば、カビ臭い下町のビルの隙間。普通だったらオモチャやカリカリで、判りやすい場所に猫を誘導して人間の勝手なイメージで撮影しますよね。
でも、なんでこんな場所に野良猫が潜まなければならないのか、どうしてそれでも穏やかな顔をしているのかって想いを巡らすだけで、苔生したモルタルでさえも、東京という舞台の書割になるんです。長屋が写って無くても、東京の下町は表現できるんですよ。
そんな猫たちの東京を見た事がありますか?

例えば、雑草が生い茂る埋立地。「どうしてこんな場所で?」って言うような、住宅も無く生活の気配さえない場所だからこそ、野良猫達が安心して生きて行けるという皮肉な現状があります。そして、そんな不便な所にさえ、毎日毎日給餌に来る優しい人達がいます。美しくも儚い遠い遠い街明かりと、猫たちの暮らす深い深い闇。
そんな猫たちの東京を見た事がありますか?

僕らが撮りたいのは「東京にいる猫」じゃありません。
僕らが撮りたいのは「猫たちの暮らす東京」なんです。

想いばかりが先行して、まだまだ経験不足な3人です。
そんなもの、全く表現できないかも知れません。

でも、こうして写真展に向けて動き出します。

いつも「東京 猫語り」をご高覧頂いています皆様に、共に写真展までのライブ感を味わって頂きたい。
そして、今後写真展を開催したいと考えてる人達の、少しの勇気と参考になれば嬉しい。

そう考えて、たった6日間の写真展までの、長い長い道程をこのブログに記録して行きたいと思います。

宜しくお願いいたします。

「東京 猫語り」メンバー一同

c0194541_16393193.jpg

写真:「東京湾岸のねこたち」展(2007年)より。
[PR]

# by tokyonekogatari | 2009-01-07 12:00