人気ブログランキング |
2009年 01月 14日
「ル・デコ」である意味。2
コンテストや腕自慢なら1枚で勝負だ。
運か実力かは別として、現時点での最高の1枚を出せば良い。

大人数でのグループ展なら、3枚が良い。
同志と共に日頃の成果を発表する場がグループ展なら、自己紹介には3枚が良い

個展なら30枚から40枚。
写真人生の集大成、もしくは、折り返し点や節目で開催するのが個展なら、
「写真は生き方」だとしたら、自分の生きた証を表現するには30枚は欲しい。

1枚でも3枚でも30枚でも無い、少人数のグループ展は微妙だ。
とっておきの1枚も見て欲しいし、自己紹介もしたいし、テーマも完結させなければいけない。
眠れぬ夜を幾つ重ねても、15枚以下に絞るのは難しいだろう。

僕らのプリントは、A-3で見て欲しい。
街の湿感、温度、風、音、ニオイ、、、タバコの吸殻から壁のシミの一つまでが重要だから、
些細な出来事や変化を感じてもらうのには、大きなファインプリントが良い。

写真ギャラリーは今、減少の一途を辿っている。
かつては一流商社が本社の一角を無料で広く開放したギャラリーもあった。
S●nyやP●nasonicのように、一眼レフを売りながら常設ギャラリーを持たないメーカーまで現れた。
「写真展開催」に対する憧れや夢も、やがて過去の価値観になって行くんだろうな。

東京で、ある程度の面積のある写真ギャラリーを探すのは難しい。

少しハードルを下げて、区営の文化センターなどで先着順や抽選で会場を押さえてもいいんだけど、
地方のいつも何もやってないデパートの催事場を無料で借りてもいいんだろうけど、
そういう場所だからこそ、広く皆様に見て頂けるんだと、、、、頭ではわかってるんだけど、
そう割り切って下見に行っては、やっぱり手ぶらで帰ってきてしまう。

3人でA-3プリント各15枚、計45枚を並べるには、展示壁面の総延長が30メートルは必要だし。
写真展会場のフロアーには「写真展を見に来た」人だけがいるのが良い。
僕らの「静かな写真」は、ざわついた場所ではその半分しか想いが伝わらないから。
関東全域はおろか、新幹線で駆けつけてくれる人達の事も考えると、
地域は銀座、青山、新宿、渋谷界隈が良い。

「ル・デコ」。

漂流し果てて、この孤島に辿りついた。

by tokyonekogatari | 2009-01-14 14:49


<< 「ル・デコ」である意味。3      「ル・デコ」である意味。その1 >>