人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2009年 01月 30日
時代
「畑が臭いと、最近隣家に言われるの。」

田んぼを埋めて、ほんの趣味程度の畑を始めた母が愚痴った。

その周りだけ、奇跡的に未舗装のあぜ道と用水路が昔のまま残った。
でも、市街化調整が外れて、辺りはすっかり新興住宅地になってしまった。

元々うちの田んぼが先にあった。
鶏糞とかを使ってる訳でなく、臭気が出る作物さえ作ってはいない。

調べてみたら、あぜ道との境の植え込みに大量の犬の糞があった。
わざわざまとめて隠す様に置いてあるから、
此処で毎日その様な行為をさせる人が居るのだろう。

片付けて事情を話すと、今度は「鳥の鳴き声がうるさい」と言われた。

畑仕事の慰みにと、ほんのささやかな河津桜を3本植えた。
そこに毎朝来る鳥がうるさいのだと言う。

犬の不始末は、人間の不始末。
空飛ぶ鳥が居ない町に、人は住めない。

こんな事なら多分、年老いた親の亡き後に僕は、コンクリートを入れて、そして此処を誰かに貸すだろう。

あぜ道も近々舗装され、用水路は暗きょになるそうだ。

新しく越して来た人の家の生垣が、今度は犬のトイレになるだろう。
無機質なコンクリートの建物で朝日や視界を遮られて、河津桜と野鳥の朝のありがたさを懐かしむだろう。

私の住む街でも、新興勢力が自らの主張のみを振りかざしている。

「歩道の生垣を全て切れ!」
「あの家の植木が歩く時にぶつかる!」

近所の野良猫の数は、めっきり減った。
残った猫達はネットで締め出され、そして我が家の猫の額ほどの庭がトイレになってしまった。
数が多いから、確かに毎朝大変なニオイに見舞われる。
だから、ヒステリックになる人の気持ちもよくわかる。
個人主義の時代だから仕方ないのかも知れない。
人間だって所詮「動物」だから、自分の縄張りを主張するのも当たり前だろう。

「自分さえ良ければイイ」

失った物は二度と戻らない。 それは、残念ながら失って初めて気が付く。

何故か今、昭和の時代がブームです。

「人々の気持ちも昭和に戻ればいいのに。」

年老いた母が ポツリとつぶやいた。

by tokyonekogatari | 2009-01-30 19:28 | Hoshinoのつぶやき


<< 猫写真「3人展」が2つ同時に観...      先ずは写真展の案内状(ポストカ... >>